EDC施工方法

現場の状況に応じ適切な方法で注入し、施工します。

井戸注入

浄化剤を水に溶かし、井戸から自然重力を利用して注入します。
井戸は一般的には、直径50mm程度で、既設井戸も利用できます。

適する場面 ・全般、稼働中工場等の建屋下、汚染源となっている箇所
・透水係数 10-4cm/秒以上
メリット ・遠くまで届く、即効性がある

使用イメージ

削孔注入

適する場面 ・井戸の設置を避けたい場合
・透水係数10-4~10-5cm/秒以上
メリット ・建屋等の地上構造物の制約を受けにくい

掘削機

掘削機(ジオプローブ、エコプローブ等)を使い掘削した孔に、水と混合した浄化剤を注入します。

ダブルパッカー注入

ダブルパッカーにより注入区間の上下を封止し、特定深度に水と混合した浄化剤を注入します。

適する場面 ・土質が、シルト粘土
・地層により透水係数が異なる
・透水係数10-4/cm未満
メリット ・困難な土質にも対応可能

ダブルパッカー注入

現場状況に応じ様々な施工方法があります

現場状況に応じ様々な施工方法

無料でお見積・ご提案いたします。下記より、お気軽にご連絡ください。

フォームでお問い合わせの場合はこちら

無料相談はこちら

電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6661-1875

営業時間 平日9:00〜18:00