EDC概要

有機塩素化合物(VOC)土壌汚染浄化剤 EDC

EDCとは?

EDCは、土壌・地下水中に生息する微生物を活性化し、その力で有機塩素化合物(VOC)を分解させる為の栄養源です。EDCを水に溶かして土壌に注入する事で、自然が持つ自浄作用が加速され、VOC汚染を浄化することができます。

EDC

EDCによるVOCの分解


EDCは、浄化に有効な微生物群(コンソーシアム)を形成するために必要なアミノ酸(グルタミン酸、アスパラギン酸 等)やビタミン、水素などをバランスよくトータルに含みます。

EDC構成

VOC分解にかかわる有効微生物群 (コンソーシアム)を素早く形成し、短期間で効果的にVOC汚染を分解する事が出来ます。

微生物のコンソーシアムとは何ですか?なぜ重要なのですか?
VOC分解にかかわる微生物は自然界に多数存在しています。これらの微生物は相互作用によって個々の分解能力を補完するため、微生物群全てを活性化させる事でVOC浄化に非常に有効な環境を作り上げることができます。この微生物の共生分解グループをコンソーシアムと呼びます。
例えばVOC分解菌としてDHC菌が有名ですが、DHC菌を育てるには周囲の他の菌がコミュニティを作りDHC菌が育ちやすい環境となっていなければなりません。
EDCはこの微生物コンソーシアムをスピーディに作り上げ、VOC浄化に適した環境を強く維持するため、通常分解が難しいcis-DCEや塩化ビニル等も無害な物質まで分解できます。ここが他製品とは違う特長です。

EDCによるVOC土壌汚染浄化の特徴

短工期 EDCは水に溶解し易く、土壌・地下水中にスピーディに拡散します。
また、分解し易い性質のため、微生物が嫌気性雰囲気を速く形成し、短期間で浄化できます。
高濃度汚染も対応 EDCは高濃度汚染中に生息する微生物も活性化できます。
(トリクロロエチレン数百mg/Lの高濃度汚染を浄化した実績)
土壌に吸着した汚染溜り(DNAPLs)を溶出する効果もあります。
高い安全性 EDC原料は食品材料です。EDCの減少により微生物も減少し、最後はEDC自身も分解して残りません(生分解性試験確認済)。
また、EDCの拡散・到達状況はTOC(全有機炭素)を観測する事で把握できます。
安全性について詳細はこちら
低コスト 掘削除去工法に比べ1/3以下の低コストです。
簡易な設備で可能 工場・店舗操業中でも浄化工事の施工が可能です。

無料でお見積・ご提案いたします。下記より、お気軽にご連絡ください。

フォームでお問い合わせの場合はこちら

無料相談はこちら

電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6661-1875

営業時間 平日9:00〜18:00