バイオレメディエーションとは

汚染された土壌・地下水は、百年単位の時間をかければ自然界に棲む微生物によって浄化されていきます。
バイオレメディエーションはこの自浄作用を加速させる手法です。
自然が持つ治癒力を活かして自然を治癒する、環境にやさしい方法です。

バイオレメディエーションの種類

バイオレメディエーションは、分類すると
「バイオスティミュレーション」と「バイオオーギュメンテーション」に分かれます。

バイオスティミュレーション
バイオスティミュレーションは、既に土壌中に生息している有用微生物に栄養を与えて活性化させ、汚染物質分解を促進し浄化する方法です。
一般的にバイオレメディエーションとして現在使われている方法です。

バイオスティミュレーション

バイオオーギュメンテーション
バイオオーギュメンテーションは、汚染サイトに有用微生物を注入して浄化を行う方法です。

バイオオーギュメンテーション

土壌汚染にバイオレメディエーションを適用する場合の一般的な流れ

  • ご相談
    汚染状況を調べます。調査データからバイオレメディエーションが適切か評価し、また設計の際の重要なデータとなります。
  • ご相談
    実験室において、対象地の地下水を用い
    浄化剤の有効性を1~3 カ月程度で評価します。
    ご相談
    現地で小規模浄化試験を行い、浄化剤がどの程度効果を発揮するかを1~3 カ月程度で評価します。
    浄化設計の基礎データとなります。
  • 調査資料の確認
    調査データと実地試験の結果を元に浄化施工の設計をします。
  • 対策方法ご提案 概算お見積
    モニタリングをして浄化状況を確認し、必要に応じ浄化剤の調節等の対応を取ります。

※ 適用される材料により異なりますので都度ご相談ください。

無料でお見積・ご提案いたします。下記より、お気軽にご連絡ください。

フォームでお問い合わせの場合はこちら

無料相談はこちら

電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6661-1875

営業時間 平日9:00〜18:00