油汚染対策

主な対象汚染物質 ベンゼン、トルエン、キシレン、軽質油(ガソリン、灯油等)、重油、
芳香族炭化水素、石油炭化水素 等

工法
最適な工法を選択・組合せます

バイオレメディエーション(バイオスティミュレーション)

好気性微生物の栄養源 HAR-PH

E好気性微生物の栄養源 HAR-PHイメージ

現場に棲む自然の微生物に栄養源を与え活性化させ、微生物の力で汚染を無害な物質へと分解・浄化する方法です。酸素を好む微生物の力を利用するため、栄養源とあわせて高濃度に酸素が溶けた水を注入します。

適する現場
  • 油の種類がBTEX、軽油など
  • 低濃度で広範囲に汚染がある
  • 飽和層に汚染がある
  • 低コスト、原位置浄化優先の場合
  • 工場や店舗操業中の場合

バイオレメディエーション(バイオスティミュレーション)

 

バイオレメディエーション(バイオオーギュメンテーション)

OleoBact(オレオバクト)

E好気性微生物の栄養源 HAR-PHイメージ

油汚染の現場において、汚染が高濃度であったり、工期が短いなど条件が厳しい場合は、現場に棲む自然の微生物の力だけでは足りないことがあります。その場合は、汚染分解力が強い微生物であるOleoBact(オレオバクト)を使用する方法もあります。

・米国環境保護局国家緊急対応計画製品目録登録
・国土交通省NETIS(新技術情報提供システム)登録

実績

適用数 :全国で100件以上
汚染物質:ベンゼン、ガソリン、軽油、重油、潤滑油 等
対象面積:10平米程の小規模から2,500平米程の大規模汚染まで

 

化学酸化分解

酸化剤(過酸化水素や過硫酸ナトリウム等)を使用し、油を分解する方法です。短期間で浄化可能です。

適する現場
  • 軽油
  • 低濃度の場合
  • 飽和層、不飽和層両方適用可能
  • VOC及び油の複合汚染
  • 工期が短いとき
  • シルト、有機物が少ない場合

 

エコサーモフラッシュ

掘削した汚染土壌に栄養源と空気を供給し土着の好熱菌を活性化させ、発生する高熱で揮発した汚染を抽出し回収する技術です。常温では分解が困難だった汚染を、高熱環境下の好熱菌による高効率なバイオ分解により浄化します。

適する現場
  • BTEX(ベンゼン等)、燃料油(ガソリン、灯油、軽油、A重油等)、PAH、VOC などによる汚染
  • 汚染が粘性土や不飽和層にある場合
  • 汚染濃度が高い場合 
  • 掘削土壌を処理するスペースの確保が容易な場合

エコサーモフラッシュ イメージ図

無料でお見積・ご提案いたします。下記より、お気軽にご連絡ください。

フォームでお問い合わせの場合はこちら

無料相談はこちら

電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6661-1875

営業時間 平日9:00〜18:00