EDCによる浄化メカニズム

EDCによって微生物が活性化し、VOCが分解されるまで

EDCが酸素を好む微生物を活性化
土壌や地下水の中は、ふつう一定量の酸素が含まれています。この中に酸素を使って呼吸する微生物がたくさん棲んでいます。EDCはまずこの好気性の微生物を増殖・活性化します。

EDCが酸素を好む微生物を 活性化

酸素の少ない環境へ
増殖・活性化した好気性微生物が酸素を消費するため、酸素が足りなくなってきます。そのため好気性微生物は呼吸ができなくなり今度は減っていきます。次第に酸素が少ない嫌気性と呼ばれる状態へ変化していきます。

酸素の少ない環境へ

嫌気性の微生物が活性化
酸素の少ない環境を好む嫌気性微生物が、EDCにより増殖・活性化し始めます。
EDCは嫌気性微生物によって分解される際に水素(H)を発生します。この水素はあとからVOCの分解に使われます。

嫌気性の微生物が活性化

嫌気性の微生物がVOCを分解
有機塩素化合物を分解することができる嫌気性微生物は、有機塩素化合物の塩素(Cl)を、EDC分解の際に発生した水素(H)に置き換えていきます。この過程で有機塩素化合物は無害な物質へ変わっていきます。

嫌気性の微生物がVOCを分解

EDCが減少してくるともとの環境に戻ります
EDCが減少すると、①から④までのサイクルが止まりますので、外から入ってくる酸素によって自然に元の状態に戻ります。

EDCが減少してくるともとの環境に戻ります

嫌気環境での反応-VOCが分解される工程-

嫌気環境での反応-VOCが分解される工程-

脱塩素の流れ

テトラクロロエチレン〜エチレンまで

脱塩素の流れ(例:テトラエチレン〜エチレンまで)

地下水汚染濃度

無料でお見積・ご提案いたします。下記より、お気軽にご連絡ください。

フォームでお問い合わせの場合はこちら

無料相談はこちら

電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6661-1875

営業時間 平日9:00〜18:00