EDC-M実績

EDC-Mによる浄化事例をご紹介いたします

EDC-Mによる浄化例①

汚染濃度52mg/ℓを浄化
EDC-M注入後、30日間で六価クロム(初期濃度52mg/ℓ)が環境基準以下となりました。

汚染濃度52mg/Lを浄化

※2年経過現在も六価クロムに戻ることなく安定しております。

EDC-Mによる浄化例②

鉛汚染への適用事例
揚水処理からEDC-Mに切り替えて約1ヵ月で地下水基準以下を達成しました。

海外での浄化

揚水処理を継続して実施してきたサイトですが、地下水汚染濃度は一定のところまで下がった後、低減が進まず対策が長期にわたっていました。
EDC-M適用により約1ヵ月で地下水基準以下を達成しました。粘性土を含む複雑な第一帯水層にダブルパッカーを適用しています。

EDC-Mによる浄化例③

14日間で浄化
EDC-Mを六価クロム汚染地下水(初期濃度0.85mg/ℓ)に注入後、14日後に環境基準0.05mg/ℓ以下となり、21日後に分析検出下限以下(0.005mg/ℓ)となりました。

掘削土壌を浄化

EDC-Mによる浄化例④

汚染土壌でも浄化
EDC-Mを六価クロム汚染土壌(初期濃度7mg/ℓ)に注入後、15日目に分析検出下限以下(0.005mg/ℓ)となり、環境基準0.05mg/ℓ以下を達成しました。

汚染土壌でも浄化

※汚染土壌にEDC−M溶解水を加えてシートで覆う簡単な方法で浄化

EDC-Mによる浄化例⑤

海外での浄化
EDC-Mを六価クロム汚染地下水(初期濃度11.8mg/ℓ)に注入後、分析検出下限以下(0.005mg/ℓ)となりました。本プロジェクトはインド環境森林省管理下のサイトで行われました。

海外での浄化

インドのKanpurは周辺住民に被害を出した有名な公開サイトです。アメリカのNGO、Blacksmith財団からの援助をうけ、インド環境省のもと、このサイトでEDC-Mを適用し、注入45日後に定量下限値以下を達成、浄化効果を出すことに成功しております。 工事施工は水文等に高い専門知識を持つアメリカのGZA社が担当しました。
(結果レポート PDF(3.4MB))

無料でお見積・ご提案いたします。下記より、お気軽にご連絡ください。

フォームでお問い合わせの場合はこちら

無料相談はこちら

電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6661-1875

営業時間 平日9:00〜18:00