土壌汚染対策方法の比較

有機塩素化合物(VOC)汚染の場合

現場の汚染状態、地質、予算、浄化目標、行政対策 等の状況に応じて最適な方法(もしくは組み合わせ)を選択し、 低コスト・短期間・完全浄化につなげることが大切です。

コスト・時間などは目安であり、地質・現場の状態・汚染濃度等によって変わります。

無料相談はこちら

方法 浄化コスト(1㎥当たり) 浄化期間 稼動中の工場下 課題
EDC 0.5~1.8万円 約 3~12ヶ月 濃度が300mg/L以上,酸性・アルカリ性に強く傾いている場合は要相 談
掘削除去 4 ~ 6万円 短期間 × 高コスト
揚水処理 数年~数十年 低濃度が下がりにくい・ メンテナンスコストが高い
石灰混合処理 1.5 ~ 4.0万円 短期間 ×  生物に殺菌効果
ガス吸引 0.5 ~ 1.5万円 数ヶ月~3年 地下水汚染を浄化できない
鉄粉 約3万円 数ヶ月 × 地盤に影響
酸化剤 0.5 ~ 2.0万円 数ヶ月~3年 六価クロム等発生の可能性・有 機物が多い場合難しい・微生物 に殺菌効果

 ※ 浄化期間が長い為、トータルコスト算出が困難

揚水工法とEDCバイオ浄化のトータルコスト比較

揚水工法は単年度のコストは低く抑えることができますが、対策が完了するまでランニングコストが継続的に発生し ます。そのため、累計コストで見ると、EDCで一定期間内にて対策完了する場合に比べ揚水工法は多くコストがかか ってしまう場合があります。

コスト比較例

  • 対象面積:3,000㎡、対象土量:25,500㎥
  • 汚染物質:テトラクロロエチレン、トリクロロエチレン
  • 濃度:0.5mg/L

EDC工法
  EDC工法によって
1年間で施工した場合の
コスト
■  EDC工法によって
3年間かけて施工した 場合のコスト(累計)
揚水工法
  初期設備投資費(累計)
  設備更新費(累計)
  ランニングコスト(累計)

 

無料でお見積・ご提案いたします。下記より、お気軽にご連絡ください。

フォームでお問い合わせの場合はこちら

無料相談はこちら

電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6661-1875

営業時間 平日9:00〜18:00