HARによる浄化メカニズム

HARと酸素によって微生物が活性化し、汚染物質が分解されるまで

初期状態
土壌や地下水の中はふつう一定量の酸素が含まれており、酸素を使って呼吸する微生物がたくさん棲んでいます。これを好気性微生物といいます。

初期状態

好気性微生物を活性化
HARを水に溶かして注入すると、微生物のエサとなり、好気性微生物が増殖・活性化されます。
同時に、酸素を土中に送り込み、土壌・地下水中の酸素量を増やし、好気性微生物が働きやすい環境を作ります。

好気性微生物を活性化

好気性微生物が対象汚染物質を分解
好気性微生物が対象となる汚染物質を無害な物質へ分解していきます。
増殖・活性化した好気性微生物は酸素をどんどん消費しますが、酸素を同時に供給する事で好気性環境を維持できます。

好気性微生物が対象汚染物質を分解

HARと酸素の供給を止めると元の状態に戻ります
HARと酸素の供給を止めると、好気性微生物は自然に減少し、元の状態に戻ります。

HARと酸素水の供給を止めると元の状態に戻ります

無料でお見積・ご提案いたします。下記より、お気軽にご連絡ください。

フォームでお問い合わせの場合はこちら

無料相談はこちら

電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6661-1875

営業時間 平日9:00〜18:00