シアン化合物汚染のメカニズム

シアン化合物は、
「水に溶けやすいタイプ」(遊離シアン、銅シアノ錯体など)と、
「水に溶けにくいタイプ」(鉄シアノ錯体 ※ フェロシアン、フェリシアンなど)に分かれます。

それぞれ、汚染の広がり方に特長があります。

地下水に溶けやすいシアン化合物の場合(遊離シアン、銅シアノ錯体など)

水に溶けて地中を移動しやすいタイプです。このタイプのシアン化合物は、降水の影響などにより溶けて地下水に達し、広域な地下水汚染を形成することがあります。

地下水に溶けやすいシアン化合物の場合

地下水に溶けにくいシアン化合物の場合(鉄シアノ錯体 ※フェロシアン、フェリシアンなど)

土壌に吸着・結合しやすいタイプです。このタイプのシアン化合物は、地表付近に高濃度汚染部位(ホットスポット)を形成します。この一部は降水の影響などで少しずつ溶け出し、地下水へ達します。
地下水に達したシアン化合物はさらに土壌に吸着し、少しずつ地下水へと溶け出します。

地下水に溶けにくいシアン化合物の場合

無料でお見積・ご提案いたします。下記より、お気軽にご連絡ください。

フォームでお問い合わせの場合はこちら

無料相談はこちら

電話でお問い合わせの場合はこちら

03-6661-1875

営業時間 平日9:00〜18:00